MENU

収入証明がなしで借りられるの?

急な出費にはキャッシングを治療することで対応することができ、キャッシングと言えば消費者金融です。

 

ですが無担保・無利息の少額融資となる消費者金融でのキャッシングでは貸金業法が適用されるので50万円以上の借入限度額の場合、もしくは他社からの借入と合算して100万円を超える場合には収入証明が必要になることがほとんどです。

 

10万円ほどの少額融資であれば収入証明を求められることは少ない様です。

 

収入証明として認められる書類

 

収入証明として認められる書類は毎月発行される給与支払明細、毎年年末に配布される源泉徴収票、市町村の役所で入手することが出来る課税証明書です。

 

最も手軽な収入証明書が給与明細ですが手軽に用意出来る分、直近の2ヶ月分の給与明細といった様に数ヶ月分を要求されることが多くなります。ま源泉徴収票の場合は毎年一回の配布で意外と処分してしまう人も多いので注意が必要です。

 

もし万が一処分をしてしまっている場合には勤めている会社に依頼することで再発行も可能ですが一日で発行することは難しいでしょう。

 

また課税証明書は会社に勤めている人だけではなく自営業者や役員も取得することができ、
給与明細や源泉徴収票がない時には役所で発行してもらうことで収入証明として提出することができます。

 

収入証明を用意することが手間に感じるなら収入証明不要キャッシングの銀行系カードローン

 

とは言ってもすぐに用意出来なかったりすることも多い収入証明書ですから収入証明なしで50万円以上、他社からの借り入れも含めて100万円以上借入れを行いたい場合には貸金業法が適用される消費者金融でのキャッシングではなく、銀行法が適用されるメガバンク系の「三井住友銀行カードローン」などの銀行系のカードローンを利用すると良いでしょう。

 

 

銀行が提供するカードローンの多くは収入証明の提出義務はほとんどなく、あったとしてもかなり高額な利用額を希望した時だけになるので、収入証明不要キャッシングと言われることがほとんどです。

 

また銀行系のカードローンであれば総量規制の影響を受けることもないので年収の1/3を超えても借り入れを行なうことが出来ます。