MENU

収入証明不要キャッシング??注目される銀行カードローン

新しいキャッシングの形になっている銀行カードローン

 

消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能は年収1/3以上を借り入れることは出来ないという総量規制の影響を受けることから、返済能力はあるのに年収の1/3を超える借り入れが出来ないという問題が生じてしまいます。

 

また現在では貸金業法によって以前は専業主婦も消費者金融で借り入れを行なうことが出来ていたのですが、現在は専業主婦への融資が禁止されているので消費者金融での借り入れはもちろん専業主婦名義のクレジットカードのキャッシング機能をつけることも出来ません。

 

総量規制は元々、多重債務者や自己破産者を減らすために借りる側を守ることを目的に施行された法律ですが、人によっては選択肢が狭くなる法律になってしまい消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠など借りることが出来る人が限られてしまったのです。

 

総量規制が施行されるまでは消費者金融の審査も比較的緩い傾向にあったのですが、現在では大手消費者金融ともなれば審査も厳しくなっています。

 

総量規制の影響を受けない銀行カードローン

 

総量規制は借りる側を守るために存在する法律ですが、この法律によって手軽に借りることが出来なくなっているのも事実です。

 

そこで貸金業法が適用される消費者金融や信販会社では年収の1/3を超えてしまい借りることが出来ない人や融資が禁止されている専業主婦に利用されているのが銀行カードローンです。総量規制の影響を受けないことから年収の1/3を超えても借り入れをすることができ、収入証明不要キャッシングで専業主婦にも融資が可能となっています。

 

メガバンクやネットバンクなどよく知られている銀行が提供しているものがほとんどであり、銀行と聞くと審査が厳しいのでは?と感じてしまう人もいるのですが消費者金融の審査と変わらない難易度と言ってもいいのではないでしょうか。

 

また銀行カードローンということから金利も消費者金融やクレジットカードのキャッシングに比べると低く設定されています。キャッシングの金利は0.1%でも低い方が後々の返済の負担を少しでも軽くすることが出来るのではないでしょうか。

 

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンでのキャッシングの違いは使い勝手は変わらないものの申込者の間口は銀行カードローンの方が広く、収入証明不要キャッシングなど自由度の高いものとなっています。