MENU

銀行カードローンを利用するには口座開設が必要?

一般的には銀行で車や住宅のローンを組む際にはその銀行の口座が必要になり、もっていない場合は口座を新規で開設しなければなりません。

 

では銀行カードローンの場合はどうなっているのでしょうか。収入証明不要キャッシングとして申込みがしやすい銀行カードローンですが口座開設が必要となれば実際にキャッシングを利用するまでに時間がかかってしまうのでは?と考えるでしょう。

 

口座開設が必要かどうかは銀行によって違う

 

銀行カードローンを利用する場合には利用するカードローンを提供する銀行の口座が必要なのか?

 

これは提供する銀行によって違います。

 

必要な所もあればそうでない所もあるというのが答えです。

 

カードローンを利用する為には口座が必要となれば、口座開設までにはある程度の時間がかかってしまうことからカードローンを利用することが出来る様になるまでにも時間がかかる可能性が高くなってしまいます。利用を急いでいる場合などは不向きになるでしょう。

 

ですが最近ではカードローンの利用に対して口座開設を不要としている銀行が増えています。返済が月一回の引き落としの場合でも他銀行の口座を登録することが出来る様になっており、口座開設不要、収入証明不要と言った銀行カードローンも多く存在します。

 

またカードローンを利用したい銀行の口座を持っているメリットもあり、先に口座を開設しておくことで即日融資や在籍確認不要でカードローンの利用をすることが出来る様になるものもあります。

 

銀行カードローンの場合は審査スピードに強い消費者金融に比べると即日融資は出来ない所が多いのですが、口座を持っていることで審査の手間を省くことが出来るので、カードも銀行のキャッシュカードに自動的に付帯されるなど即日で融資を受けることが出来る様になるのです。

 

収入証明不要、口座開設不要、低金利、総量規制の影響を受けない、銀行が直接提供している安心感など消費者金融にはないメリットが多い銀行カードローンは申込みの際に借り入れ理由を明確にする、他社からの借り入れの返済履歴などに注意することで審査もスムーズに通る可能性が高くなるので、一枚は持っておいても良いのではないでしょうか。