MENU

収入証明不要キャッシングが人気だけど本当に不要なの?

総量規制の影響を受けないことから自由度が高い銀行カードローンの多くは収入証明不要キャッシングとして広告や公式のホームページなどでも言われています。

 

本当なのでしょうか?

 

返済能力を見る審査では年収を証明するものは必要になるのが普通で消費者金融の場合は50万円以上の借り入れ、もしくは他社からの借り入れを含めて100万円以上になる場合には必ず収入証明書が必要になります。

 

キャッシングと聞くと消費者金融がイメージすることが多く、収入証明不要キャッシングというものはあまり馴染みがありません。

 

銀行カードローンには収入証明書の提出義務がない

 

消費者金融は貸金業法が適用されることから借り入れる金額によって収入証明書の提出の義務があります。

 

これに対して銀行法が適用される銀行カードローンには収入証明書の提出義務がありません。

 

とは言ってもカードローンを提供する銀行によって収入証明書を求める上限額が設定されています。

 

ですが銀行カードローンが収入証明不要キャッシングと呼ばれる理由はここにあり、収入証明書を求める借入額の上限が最低でも100万円、高い所では300万円となっており、消費者金融よりも収入証明書を提出しなければならない上限は高くなっています。

 

収入証明不要キャッシングの金額設定はあくまでも原則として

 

例えば300万円までは収入証明不要キャッシングと記載してあっても勤続年数や年収など審査において不審に思われたり、銀行が確認したい場合には希望額が300万円以下であっても提出を求められる場合があります。収入証明不要キャッシングはあくまでも原則として不要ということを理解しておきましょう。

 

この場合は提出をしなければ審査は一時中断している状態になるので出来るだけ早く手配をして提出するようにしましょう。一定の期間を過ぎてしまうと審査は無効になってしまい再度申込みをしなければならなくなってしまいます。

 

提出方法は郵送、メール、送信フォームなどから送ることが出来るので一番早い方法を選択すると良いでしょう。

 

また借入額が300万円以下であっても利用限度額が300万円を超える場合にはもちろん収入証明は必要になります。