MENU

収入証明不要キャッシングの審査

銀行カードローンの中には300万円まで収入証明が不要のものも存在します。消費者金融や信販会社に適用される貸金業法ではなく、銀行が直接提供する銀行カードローンには収入証明書の提出義務が発生しないことから、銀行側が審査において必要とした場合や利用希望額によって自由に収入証明が必要かどうかを決めているのです。

 

銀行カードローンの審査に収入証明は必要ないの?

 

消費者金融では50万円以上の借り入れ、もしくは他社からの借り入れを含めて100万円を超える場合には必ず収入証明書が必要になります。

 

申込みの際に申告した年収に間違いがないかを確認する為に必要になり、審査では融資をした後の返済能力を見るので、貸す側としては給与明細や源泉徴収票、納税証明など所得を証明出来るものを見て確認しなければ判断が出来ない部分でもあるのです。

 

ではなぜ銀行カードローンは100万円以上でも当たり前に収入証明書の提出を求めないのでしょうか。消費者金融に比べて銀行の方が更に審査は厳しいものとなるので、収入証明書を求められても不自然ではないのですが。

 

なぜ銀行カードローンは収入証明不要キャッシングなのか?

 

銀行には収入証明に関して法的な義務がないことが一番の理由となるでしょう。収入証明の提出が義務付けられているのは消費者金融と信販会社だけなので、本来は貸す側である金融機関が提出が必要かどうかや提出の目安などを自由に決めることが出来るのです。

 

つまり、キャッシングをする際には収入証明が必要になるというわけではなく、消費者金融などだけで必要になるので銀行が特例として収入証明不要キャッシングを提供しているというわけではないのです。

 

収入証明が不要ということから審査も楽に通過出来るのでは?銀行であれば低金利だからキャッシングをするなら銀行カードローンの方がいいと思われるのですが、審査においては消費者金融よりもはるかに厳しいものとなっているので、現在複数の消費者金融から借り入れがあり、銀行カードローンを新たに作ろうと考えても審査に通る可能性は低くなってしまうでしょう。また消費者金融で融資を断られている様な状態であれば審査に通る可能性は0と言っても過言ではありません。